2014年07月11日

2.室内消毒(害虫駆除)
  (サニタリーサービス とか)


 不動産屋の言い分

 入居する前に、お部屋の消毒をした方が安心ですよね〜。

 他の部屋はみなさんやってるから、やらないとお部屋にゴキブリが集中してしまいますよ〜^^



 実態は・・・?

 入居時の消毒は、毒を消すための作業で、清掃作業とは違います。

 実際は、消毒液を霧吹きの機械でシュッシュとやって、バルサンのようなものを室内で焚くだけのようです。

 これをしなかったからと言って虫が出るわけでも、したからといって出ないわけでもなさそうですね。
 (そりゃ、最初の数ヶ月は、残留薬品の影響で出にくいでしょうが…。)

 『光触媒』とかワケ分からないことを言い出したら、数値化して効果を証明できるのか質問してみましょう。

 料金の半分近くが、不動産屋の店員にバックされる、なんてウワサまで…。

※入居時の消毒は、毒を消すための作業です。
『退去時のハウスクリーニング』は、また別の費用項目ですので、混同しないように!




 結論 (下記 @ A B から選んで下さい)
  •   @大家さん が出している賃貸契約上の条件 の場合

     大家さんが、防虫対策などの為に「契約の自由」の原則(基本的人権を侵すとか、社会的に許されない範疇でなければ、お互いが合意すれば何ら問題はない)に基づいて入居条件にしている可能性もあり、「室内消毒(害虫駆除)代」これを含めての契約なので、嫌なら契約しなければいい、という場合。

  •   A不動産屋 で仲介を受けるためには必須の、入居者-不動産屋 間での仲介契約上の条件 の場合

  •   B不動産屋 の単なる有料オプションサービス の場合
posted by chintai-syokihiyou at 18:00 | 2.室内消毒(害虫駆除) | 更新情報をチェックする

ネットで話題の、家庭で手軽にできるパーフェクトなゴキブリ対策



@気体を蒸散するタイプの燻煙剤を焚く。



A網戸に虫が来ない、類のスプレーを使う。

  網戸用のスプレーは、薬剤が長期間残留するので、それを応用。

  屋外側の、玄関や窓の枠を囲むように30cm以上の幅で、ぐるりと吹き付ける。

  これで、外からの侵入を防ぎます。



B15日後に再び、燻煙剤を焚く。

  最初に焚いた時、卵だったゴキブリが孵化する周期が15日程度のため。



C毒餌を置く。

  ホウ酸成分であれば哺乳類に対する毒性が低いため、間違えてペットや野良猫が食べても大丈夫。

  台所はもちろん、部屋の隅や 家具の隙間に配置。

  そして、外まわり(雨に濡れない所)にも置く。



ここまでやっておけば、ほとんどゴキブリは出ないようです!

早速、我が家でも実践しました!


次の記事 → 『エアコン洗浄』へ


posted by chintai-syokihiyou at 17:00 | 2.室内消毒(害虫駆除) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。